Site Guide


From quality control in the Bbs to a relaxed style of service in the site, Ghetto opened in 2003 and was one of the first suicide site to serve community content in a casual setting.



Hey You

 Ghettoへようこそ。管理人のゆでたまごです。こちらは自殺に関する情報を含むいのちの通り道にもなっているコミュニティサイトです。

 主として、殺願望や心の病を抱えているひとの互助交流や生と死に関して語り合うことを目的としておりますが、雑談やひとりごともOKです。

 自殺願望があるひと・精神疾患のあるひと・ひきこもりのひと・アーティスト・ギーク・ワンク・文学青年・崩壊家庭出身者・外国人・平和主義者といった極端でも心のやさしいひとは歓迎しています。

 ライトユーザーや抱えられていた問題が緩和されたひとによっては、御足が遠のいて以前ほど身近な存在ではないかもしれませんが、遥々お越しくださりありがとうございます。

 それから、もしこの場所で抱えられていた問題が緩和されたり、気が楽になるようなことがあってもサイト側には貢献しなくてけっこうです。

 その代わり、困っているひとを見かけたら本人の意思や意向を尊重しながら助けてあげてください。心のやさしいひとはちいさなことでもいいですから見返りを期待せずこっそり助けてあげてください。

 現代は、人間関係の希薄さが指摘されていますが、みなさんがそのような姿勢でふるまっていただければ無償奉仕の精神を循環させる程度の意義を持つことになります。

 みなさんがそうしてくだされば、インターネットがカルチャーとして洗練されてもサイトのありかたはこれから先も変わることはないでしょう。




本サイト側の法的正当性と定理

 本サイトは、最高法規日本国憲法の第13条の『幸福追求権』および第21条の『表現の自由権』に基づき管理・運営しています。
 
 本サイト側の法務については、国際的に活躍されている人権活動家や法曹家の助言も参考にしており、本サイト側の免責事項や禁止事項には法的効果が発動しています。

 法的効果が発動している事項や、その説明文ではこちらのサイトとサイト側のことを『本サイト』と『本サイト側』と標記しています。

 『本サイト側』には、本サイトと本サイトの管理人と本サイトを好ましく感じ、サイトガイドを理解している本サイトのユーザーも含まれます。

 尚、はじめてのひとは長文で恐縮ですが、利用するにあたり注意が必要な削除についてまでは必ず読んでください。


本サイト側の免責事項

 本サイト側の免責事項は本サイト側に適応されます。下記が本サイト側の免責事項です。

  • 本サイト側とリンク先サイトの情報がご自身の需要に適合するものか、また情報の正確性・適切性の判断をご自身の責任で行ってください
  • 本サイト側とリンク先サイトなどに起因・関連した事件や問題について、本サイト側は一切の責任が免除されます


    本サイトの禁止事項

    本サイトの禁止事項は全ユーザーに適応されます。下記が本サイトの禁止事項です。

  • 個人の尊厳や安全や基本的権利を損なうことを目的とした非難・糾弾・ストーカー行為
  • 詳細な自殺方法を紹介したり明らかに自殺を助長する行為


    本サイトの著作権に関する事項

     本サイトの著作権は基本的に本サイトの管理人に帰属しますが、他の各事項も個別に適応されます。下記が本サイトの著作権に関する事項です。

  • 本サイトの情報の著作権は基本的に本サイトの管理人に帰属します
  • 本サイトのユーザーの投稿した情報の著作権はユーザーに帰属します
  • 本サイトの情報を著作権者に無断で転載・引用することは禁止します
  • 本サイトの情報を好意的または中立的立場でブログやTwitterやSNSなどで紹介したい場合は転載と引用が可能です
  • 本サイトの情報を上記以外の方法で利用したい場合は著作権者である本サイトの管理人またはユーザーが直接リクエストに応じるか自発的に許可した場合にかぎりその情報の転載と引用が可能です


    情報の削除について

     投稿された情報の削除についてですが、基本的に禁止事項に明らかに抵触する内容は削除します。しかし、もし禁止事項に抵触する行為を見受けられた場合はそっとしておいてください。
  •  尚、問題のある投稿をしたひとが追い詰められ、助言を必要としていると考えられる場合はあえてそのままにしておく場合もあります。本サイトでは、問題のある言動を取ったひとに対しても人命を最優先させる人道主義の方針ですのでご理解をお願いします。


    シュリンクラップ契約の訓話

     ネット上であっても、現代のコミュニティやシステムを維持するにあたり、ユーザーや運営者側に適応されるルールは、読み易く具体的に明示し、理解を求めることが不可欠です。

     ルールのなかに、ユーザーの個人的な権利を侵害する可能性のある内容が含まれる場合は尚更です。そうした場合はルールを読み易く具体的に明示しなければ、蓋然性が疑われ、大義名分や高尚な理念に基づいて設計されていても、それは無効になる可能性があります。

     IT業界では、ソフトウェア利用許諾契約について、ユーザーがソフトの包装を開封することで契約が成立したことにするという手法があります。シュリンクラップ契約と呼ばれているものです。

     しかし、規約内容が書かれた契約書を確認していなくても、規約内容に同意したことにするという強引な仕組みには、米国を中心にユーザーや商法を専門に扱う法曹家たちからその有効性を疑う声があがりました。

     シュリンクラップ契約には、ソフトの購入歴があり、以前の規約内容をある程度読んでいた可能性のあるひとが、ソフトを再購入しても規約内容が更新された場合、その確認ができない状態で同意させられることになるという問題もありました。

     そのように、読み難く具体的に明示されていないことで問題が起きた場合、そのことを指摘する声があがれば、あらたに二次的三次的な問題が発生したり、後で騒ぎになったりすることでソフトを提供する企業側は相応の責任を問われる可能性があります。

     そうした仕組みを、他のサービスを提供する側とユーザーの関係に応用して分析すればわかりますが、サイトとユーザー側に適応されるルールに置き換えてみた場合、読み難く具体的に明示されていないことまでルールとするようでは、その有効性を疑う声があがっても仕方のないことです。

     ですから、本サイトでは正々堂々と読み易い説明文を添え、具体的にルールを明示するという改善策を実施しました。指摘してきた論法は学業規則や就業規則にも応用が可能ですが、近質の仕組みで強引なことが行われた場合は、その企業は闇の企業である可能性があります。

     もっとも、近年はコンプライアンス意識が高まり、個人の権利意識が高まったことなどで問題のある闇の企業には、立ち入り調査や監査が入り易くなりました。ユーザーの個人的な権利が侵害された場合、調査や監査というかたちで爆撃され易くなったことや内側の情報が外側に出易くなったことなどで光があてられることが増えたことから、闇の企業は減少傾向にあるようですが...。

     本サイトの管理人は、闇の企業と呼ばれる企業と関わったことはありませんが、闇の企業は常にユーザーに模範解答と自社のルールにしたがうことを求めます。また、闇の企業は模範解答や自社のルールから外れた可能性のあるユーザーを好ましくない存在とみなし、作為的に糾弾することがあります。

     しかし、優良企業であれば、自社の不手際に起因したと考えられるユーザーの行為が、模範解答や自社のルールから外れた可能性のある場合は自社のミスを疑います。なぜなら模範解答は時代の流れを考慮して更新させていくべきであり、ルールはサービスを好ましく感じているユーザーが快適な環境で利用できることを念頭に改善させていくべきものだからです。

     以前は、こちらにも文章が読み難く、抽象的な内容が含まれていた時期がありましたが、途中で気付きました。結局、難点は反省しなければならないと真摯に受けとめ、いさぎよく改善させていきましたからその時期も深刻な問題は起きませんでした。ちなみにシュリンクラップ契約はDL販売が主流になっていったり、有効性を疑う声があがったことなどで減少していきました。

     尚、本サイトの禁止事項に抵触したり、本サイト側の信用にかかわる可能性のある行為が見受けられ、相応の誠意が見受けられない場合は、先進諸国の人権思想や本サイトの思想的価値観に照らし合わせて審査させていただく場合があり、場合によっては特別な救済活動を行う場合があります。

     天に代わりて筆誅をくだす、といった大それたことは考えておりませんが、先述した視座から特別な救済活動が必要な場合は、被害からの回復を図る為、法曹家と協議したり、記事にして弁護・弁明する場合があります。


    芸術と教養と自由を求める声

     数ある職業のなかでも、人類最古の職業やそれに準じる職業というものは、人間社会のプリミティブな需要を満たしているという意味で尊いものですが、漫画家などの芸術家も人間社会の文化をささえているという意味で同様に尊いと僕は考えています。

     建築家は設計図を与え、大工は建物を与え、農民は農作物を与え、漁師は魚を与え、宗教家は救いや希望を与えますが、賢い芸術家やその素質のあるひとになると同類のひとに具体的な助言を示すことができます。その為にはある程度の教養も必要です。

     教養とは、ある程度の知恵と知識があることも意味していますが、さまざまなひとや社会と関わったり、さまざまな場所に住んだりすることで物事を比較する能力を身に付けていることも意味します。

     そして、教養を深めるということは、知力や知性にはさまざまな尺度があるということを可及的に学習することも意味します。このときには視野狭窄や思考停止を起こさないように、他の考え方との差異から学習することやわかり易くて巨大な思想に安易に絡めとられたり吸い込まれてしまわないように注意することも重要です。

     柔軟ではない観点や思考は、本来物事が多元的に構成されているということを見過ごす可能性がありますし、黒か白かで判定ができない場合もあります。なぜなら世の中や物事というものはそんなに単純じゃないし、中間には灰色も存在するからです。

     さらにいえば、灰色のなかには黒に近い灰色や白に近い灰色も存在しますし、政治や宗教に関することのように人種によって映る色が極端に異なる傾向のある場合もあります。

     また、価値観や思想には、知的水準が高くなくとも、民族的感情や魂に訴えることで民衆を扇動し、社会に影響を与えるものもあります。ナチズムのように移民先の先住民や文化に貢献したり、敬意を払っている外国人への排外主義もこれに該当する場合が多いといえるでしょう。

     有名な話ですけど、ドイツのヒトラーは著書『わが闘争』にも記していたように食物摂取を目的とした社会を作ろうとしました。かれは第一次世界大戦中に兵士として従軍した際、負傷して鼠に食べられている仲間の兵士の姿や画家志望だったときの飢餓から、常に食べるか食べられるか、黒か白かといったことが思想の理念型になったといわれています。

     その結果、多くのユダヤ人やロマが亡くなりました。総じて物事を二者択一にしてしまう本能に基づくロジックは、雑ですが各国の一般国民から移民労働者のなかにも同様のロジックを持つひとは多いように見受けられますし、わかり易いので普遍性があるのは事実です。

     しかし、このようなロジックは、外側に向かうエネルギーが非常に高いという特性がある反面、理性よりも情緒が優先されることで、強引で乱暴なことや判断ミスといった問題が起き易くなります。みなさんがご存知のように、ヒトラーの場合もソ連に無謀な戦いを挑んだ挙句、ピストルで自裁するという最期を遂げています。

     そして、当時のドイツでドイツ人やドイツ文化に貢献したり、敬意を払っていた外国人たちが排除されたことは人類の歴史に悲劇として刻まれました。そうしたまちがいが繰り返されない為には、政治や宗教に関することのようにひとによって解釈の異なり易いことについて考えるとき、ある極端なものの見方が絶対に正しいとは考えないことが重要になります。

     しかし、なかには自分の思い通りにならないひとを強引に変えようと暴走し、相手側の周囲の迷惑にもなったり、人間関係を破壊する可能性があるにもかかわらず、相手側にあることないこと頻繁に空気を入れたり、ときには迷惑電話(1コールで切るなど)までする乱暴な人物もいらっしゃいます。

     なぜ、この話を持ち出したのかというと、昔のことですがある知人がそのような信用問題にも関係する被害に遭い、トラウマになっていたことが関係しています。多少のことであればある程度は許容することもできるかもしれませんが、常軌を逸していましたので被害に遭っていた本人は『なんでやねん...』といった意味のことをいいながら憔悴していたそうです。

     確かに、僕たちは、他のひとが自分の思い通りの生き方をしてくれたり、自分の価値観を信じてくれればどれほどすばらしいだろうか、と思うことはよくありますよね。

     しかし、先述した迷惑行為を繰り返すような人物の場合は、往々にして常に他のひとに優越感を感じていなければ生き難いといった特別な事情がある場合が多く、どうとでも解釈できることでもいちいち疑って問題視しようとすることで、ふつうの人間ではないと思われたり、迷惑がられる場合が多いそうです。

     事実、先述した正気の沙汰ではない迷惑行為の加害者についてですが、被害者のひとは共通の知人たちから加害者が人間的にすぐれているという意味ではなく、別の意味でふつうの人間ではないと聞かされ難しい気分になったそうです。

     これは、あるひとからの助言で一般論でもありますけど、やはり、個人的な価値観を強引に押し付けて他のひとを変えようとしたり、問題視しようとしても背景にある本質が変わることはないし、他のひとの個人的な権利を侵害しないかぎり、どのような価値観で生きようと自由です。

     また、一方的に個人的な権利を侵害されたり、どうとでも解釈できることで個人的迷惑を掛けられないかぎり、相手の素性に関する話はするべきではありません。

     ちなみに、先述した迷惑行為の被害者についてですが、加害者に報復することはしなかったそうです。醜悪な行為へ対し、芸術的、精神的であろうとする人間のする復讐とは、正真正銘の美意識を持ちながら美しいもので傷口と世界を覆っていくことだと気付いたそうです。


    Thank You

     注意が必要なところはここまでです。ここまでお読みいただきありがとうございます。下記のテキストは任意ですが、気が向いたひとはお付き合いください。

     普段の僕は、インドア派ですけどネット上の舌鋒が鋭いほうではありませんし、質素です。個人ブログで以前遠出したときの話を得意げに紹介したりしていましたが、最近は首都圏にさえ約1年半ほど行っていないのが実状です。

     ちなみに、本文の原文が完成したときの著者の財布の中身は5000円少々です。


     『本当かよっ(笑)』と突っこまれそうですけど、僕は本当のことしか言っていませんし、普段は地味でシンプルな人間です。

     余談ですが、しばらく長財布を利用しています。折りたたみ財布のひとは、3000円くらいのものでもいいから長財布にしてスリムでもいいからLOFTなどで売られている強度の高いチェーン(スーツで仕事しているひとは強度の高いワイヤーなど)で紐付けすると経済的にも精神的にも多少余裕が出てきますよ。
     
     さて、話を戻します。僕はどちらかというとそそっかしいほうでしたけど、イレギュラーな事態の弁論能力や対応力は羨ましがられることがあります。そうした能力が開花し、内省的な気分になる傾向が高まったのは自殺のサイトに出入りするようになってからです。

     生と死について、考えさせられる機会が増えたことで自己を客観的に対象化するようになったことも関係しているのかもしれません。

     あらかじめ、自分に人生の困難や危機を克服していく遺伝子が備わっていたとは思えませんので、おそらくいのちの通り道にもなっているサイトを介した出会いがイノベーションを起すきっかけになったのだと思います。

     最近は、こういったことを話すことに意味を感じなくなりましたが、自殺のサイトに出入りするようになってからしばらくの間、僕は典型的なギークのひとりでした。

     ですから、国家や社会への所属意識が薄い価値観の持ち主としてさまざまな契約社員として労働し、余暇はカルドセプトや女神転生などのマニア向けのソフトをプレイしたり、岡崎京子さんや山本英夫さんの漫画を読んだり、ドアーズやピンクフロイドを聴いている時間が長かったですね。

     もちろん、ネットも利用していましたよ。定期的にネットを利用するようになって、自殺のサイトに行くようにもなりました。抱えている問題が緩和するようにもなりましたのでしばらくしてから自分でもこちらのサイトを設立し、業界にプレイヤーのひとりとして参入していきましたけど、さまざまなひととの出会いがありました。

     こちらのサイトは、今年で14年目になりますけど、一度リニューアルしていて旧サイト名は『自殺サークル(Suiside Sircle)』で旧管理人名は『天照(Amaterasu)』でした。こちらのサイトを作り、たくさんの出会いを経験し、長い時間が流れました...。

     実社会でもさまざまなひととの出会いがありました。出会いをきっかけに希望を持つきっかけにもなりもしました。定期的にお付き合いさせていただいたひとやコミュニティは信用できるところでしたので感謝しています。

     ちなみに、あるイカした漫画家は、出会いを重力や運命だといっていますが、運命はあらかじめ定まっているものだともいっています。

     また、運命は偶然ではなく、やはり、何かしら理由があるともいわれていますので、こちらのサイトを利用するときはご縁を多少意識してくださるとうれしく思います。

     そして、抱えられている問題が緩和されること以外にも、ご縁をきっかけに視野を広げられてご自身のやりたいことを見つけられたり、意外な長所や能力に気付かれたりして人生の次の道に繋げられることも願っています。

     そうした意味で、スリーパーを起こし、ポテンシャルを上げるきっかけになれば幸いです。デンマークの哲学者キルケゴールもいっていますが死に至る病とは絶望のことです。

     しかし、他人からすればささやかなものであっても、ひとはパンと水と希望があれば生きていくことができます。どうかご自身の希望を大切になさってください。

     こちらのサイトを作ってからも長い時間が流れました。



    Yudetamago,Editor&Webmaster of The Ghetto


    Content Guide 
     
    Site Guide
     本サイトのガイドです。

    事情と境界線と楽園
     本サイトのベースとなっている思想的価値観です。音楽が流れます。

    真夜中の希望教会
     生と死に関するお話や互助交流ができる掲示板。

    夜明けの口笛吹き
     静かな夜明けの町の石畳に座り込み、口笛を吹くようにささやける掲示板。詩やひとりごとが好きなひと歓迎。シド・バレットやピンフロやヴェルベッツが好きなひとも歓迎。

    いのちのチャット
     チャットルームです。2号室3号室も同様です。ただし、2号室については入室した場合のみログの閲覧ができる仕様になっています。

    いのちの通り道
     自殺に関する情報を含むいのちのリンク集です。

    Contact
     管理人へのご意見・ご感想はこちらからお願いします。

    Blog
     管理人の個人ブログ。冬の余暇は冬眠していることが多いので休止中です。再開は春か夏か秋か冬になると思います。イケてる管理人のひととなりに興味のあるひとは参考にしてください。



















    Since October 8th, 2003.
    Copyright (C) 2003-2017, 
    www.cotodama.org
    Ghetto By yudetamago All Rights Reserved.
    Never reproduce or replicate without written permission.