Site Guide


 


From quality control in the Bbs to a relaxed style of service in the site, Ghetto opened in 2003 and was one of the first suicide site to serve community content in a casual setting.




目次

1.Hey You
2.本サイト側の法的スタンス
3.本サイト側の免責事項
4.本サイトの禁止事項
5.本サイトの著作権に関する事項
6.情報の削除と理性の必要
7.自殺のサイトを利用する前に
8.管理人のひととなり
9.Content Guide



Hey You

 Ghettoようこそ。管理人のゆでたまご(たまごん)です。

 このサイトは、自殺に関する情報を含み自殺のサイト自殺系サイトなどとも呼ばれています。自殺願望や心の病を抱えているひとの互助交流や生と死に関して語り合うことを主な目的としていますが、雑談やひとりごともOKです。

 ちなみに、現実での管理人は日本海側のある地方都市に在住している標準的な30代の凡人です。

 こちらでは、自殺願望があるひと・精神疾患のあるひと・ひきこもり・アーティスト・ギーク・スーツ・文学青年・崩壊家庭出身者・外国人・平和主義者・ハラスメントやストーカー被害者といった極端でも心のやさしいひとは歓迎しています。


 それから、もしこの場所で抱えられていた問題が緩和したり、解決したりしてもサイトには貢献しなくて結構です。しかし他のところで困っているひとを見かけたら、本人の意向や自主性を尊重しながら助けてあげてください。ささやかなことでもいいですから見返りを期待せずこっそり助けてあげてください。

 現代は、人間関係の希薄さが指摘されていますが、みなさんがそのような姿勢で振舞ってくだされば無償奉仕の精神を循環させる程度の意義を持つことにはなるでしょう。

 ちなみに、理性的で潔い人間の美質は、他のひとの立場や問題を自分のことのように考えられる共感力と感受性にあるというのが、僕の理解です


 それから、こちらに掲載しているテキストについて、所々タイトで難解な表現が含まれていると感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

 しかし、一般的な互助交流を目的とした場所とさほど変わりはありませんので、他のひとの尊厳や安全に配慮し、基本的に寛容な態度で利用してくだされば問題ないということです


 もう一つ言いたいことがあります。これはとくに、30代半ばまでの若年層の方に申し上げたいことですが、可能であれば30代半ばまで生きてみてください。

 人生がつまらなかったり、ショボく感じられたりしていても30代半ばまで生きてみてください。そのくらいの年齢になれば、精神的にも成熟してきて年々安定してくる傾向があり、だいぶ人生が気楽になってきます。

 『本当かな?』と思った方は、試しに30代半ばまで生きてみれば後で意味が分かるかと思います。

 もし、僕の言っていることがあなたの心の片隅に残っていて、後になってからその通りだと感じたら、今度はあなたが他の若年層の方にそのことを話してみてください。


Yudetamago,Editor&Webmaster of The Ghetto (Update 2018/7/26)



本サイト側の法的スタンス

 本サイトは、最高法規日本国憲法第13条の『幸福追求権』や第21条の『表現の自由権』に基づき、個人がハンドルネームでオーガナイズしています。
 
 本サイトの法務については、国際的に活躍されている人権活動家や法曹家の助言も参考にしており、法的効果が発動しているところがあります。


 本サイトでは、明確に法的効果が発動しているテキストのタイトルはレッドで標記しています。法的効果が発動しているところでは、こちらのサイトとサイト側のことを『本サイト』と『本サイト側』と標記しています。

 ちなみに、本サイト側には本サイトと本サイトの管理人と良識と一般常識に理解があり、免責と禁止と著作権に関する事項に同意している本サイトのユーザーも含まれます。


 それから、注意が必要なところはオレンジで標記し、免責と禁止と著作権に関する事項はイエローで標記しています。また長文のところを中心に、まとまった文章の書き出しの単語のフォントをラージサイズのオリーブにすることで読み易くしてあります。

 はじめてのひとは、注意が必要な情報の削除についてまでは必ず読んでください

 それから、本サイトは高信頼社会のコミュニティですので、可能な限りユーザーのプライバシーや人権に配慮するかたちで運営しています。


 尚、本サイトの禁止事項に違反したり、本サイト側の意向や自主性などを損なう可能性のある行為があったと判断できる場合、予告なく特別な救済活動を行うことがあります。

 特別な救済活動には、問題の解決を図る為に法曹家や関係者などと協議したり、情報開示請求などの方法で首謀者を特定後、監査請求書や告訴状や内容証明を発送したりする場合があります。


 また、特別な救済活動には問題の経緯や問題行為の証拠などを、首謀者が所属したり監督されたりしていると判断できるところの本部や報道機関などに通知することも含まれます。
 
 こちらは、ユーザーが抱えている問題を解決や緩和させることを目的とした個人運営のサイトです。しかしとくに、個人の安全や尊厳を損なう人権侵害や迷惑行為などがあった場合、問題の円滑な解決や緩和を図るようにすれば、自殺などの深刻な社会問題を予防することにもなりますので、ご理解くだされば幸甚です。



本サイト側の免責事項

 本サイト側の免責事項は本サイト側に適用されます。下記が本サイト側の免責事項です。

  • 本サイト側や本サイトのリンク先サイトの情報のご自身の需要への適合性の判断は、ご自身の責任で行ってください
  • 本サイト側や本サイトのリンク先サイトに起因や関連した問題が生じた場合、本サイト側は本サイト側への告訴や申立てからの不利益と責任が免除されます
  • 本サイト側は、本サイト側への告訴や申立ての為に個人の安全を損なう人権侵害や迷惑行為などの法外な行為があった場合、法外な行為によって取得された情報やそうした情報に基づいた活動からの不利益と責任が免除されます
  • 本サイト側の免責事項の法外な方法によって取得された情報とは、情報を取得する方法や過程、情報を取得されることで生じる可能性のある不利益や法的制約に関して具体的な表現を以って事前に告知し、相手の認知後に合意を得てからでなければ取得できないと法規によって定められている情報を違法取得された場合などを意味します
  • また本サイト側の免責事項の法外な方法によって取得された情報とは、情報を取得する方法や過程、情報を取得されることで生じる可能性のある不利益や法的制約に関して隠蔽や改ざんや偽装をしたり、故意に誤読させたりして違法取得されたと判断可能な場合なども意味します
  • 本サイト側の免責事項の法外な行為によって取得された情報やそうした情報に基づいた活動の判定は、該当している可能性のある情報や活動記録などを、免責事項の法外な行為によって取得された情報やそうした情報に基づいた活動を定義したこちらの文章に照会して明確に該当していると判断可能な場合になります



    本サイトの禁止事項

     本サイトの禁止事項は全ユーザーに適用されます。下記が本サイトの禁止事項です。

  • 個人の安全や意向や尊厳を一方的に損なう非難や騙しやハラスメントやストーカーなどの迷惑行為
  • 詳細な自殺方法を紹介したり、自傷や自殺行為を積極的に推奨したりする危険行為



    本サイトの著作権に関する事項

     本サイトの著作権は基本的に本サイトの管理人に帰属しますが、例外もあります。下記が本サイトの著作権に関する事項です。

  • 本サイトの情報の著作権は基本的に本サイトの管理人に帰属します
  • 本サイトのユーザーが書き込みした情報の著作権はユーザーに帰属します
  • 本サイトの情報を無断で転載や引用することは禁止します
  • 本サイトの情報を好意的・客観的立場でサイトやブログやTwitterやSNSで紹介したい場合、サイトやブログやTwitterやSNSに転載と引用することが可能になり、その場合の連絡は不要です
  • 本サイトの情報を上記以外のところで紹介したい場合、著作権者である本サイトの管理人またはユーザーが直接リクエストに応じた場合に限り、その情報の転載と引用が可能です



    情報の削除と理性の必要

     書き込みされた情報の削除についてですが、基本的に禁止事項に抵触する内容は削除します。

     しかし、自殺願望があったり、精神的に不安定で助言を求めたりしていると考えられる場合は、敢えてそのままにしておくこともあります。本サイトでは問題のある言動を取ったひとに対しても、人命を最優先させる人道主義だからです。

     それから、禁止事項に抵触している迷惑な内容を見かけても、感情的になって対抗しないでください。また自分の価値観や感情論を押し付けなければ気が済まない迷惑な方がいても相手の粗探しをしたり、言い返したりしないでください。


     事実、論理や理屈が通じず、自分の価値観や感情論を押し付けなければ気が済まないひとの場合、他のひとの基本的な権利を無視して暴走することがあります。

     過去に、そうした一方的に他のひとの個人情報や事実とは異なることを、大声で言いふらすことを繰り返している方を見掛けたことがあります。とはいえそうした言動は、潔くありませんので該当する投稿は確認次第削除いたします

     ちなみに、もっともらしい建前や理念があったとしても、そうしたことが繰り返されると、むしろその影響で社会の秩序は滅茶苦茶になってしまいます。つい不愉快な気分になりそうになったときは、美しい水辺の風景にでも意識を向けて心を落ち着かせてください。

     ところで、迷惑な相手に一方的に法外なことをされそうになった場合などは、相手の素性や最たることが関係者から見破られるように手配しておくくらいのことはしておいたほうがいい場合もあります。こういうことをいうと、ひょっとすると極端に感じられる方もおられるかもしれません。

     しかし、僕の言葉があなたの心の片隅に残り、現実でも何かの拍子にこちらで説明した排外主義や排他主義的な問題を直観したら、気を付けてください。不意に向こうから近付いてきて知り合った相手から、働きかけられた場合などは尚更です。


     尚、本サイトに掲載されている適切でなかったり、更新したほうが望ましいと考えられたりする情報は、加筆修正などの方法で改善や軌道修正をすることがあります。またガイドに掲載している情報も、変更などがあった場合は更新するようにしています。

     とはいえ、部分的すぎたりどうにでも解釈できたりすることを問題視しようとしたり、既に改善や軌道修正をし、通常問題視されないことを問題視しようとしたりする場合は視野が狭く合理的ではありません。


     もし、感情論や視野狭窄に陥りそうになったときは相手から距離を置いたり、深呼吸をしたりして客観的になってください。ついキレそうになっても、冷静に物事を俯瞰し、理性的で寛容な態度を心掛けましょう。

     理性があなたとともにありますように。




    自殺のサイトを利用する前に注意すること

     ここまでお読みいただきありがとうございます。ここからは管理人の雑文が中心になっていますので、興味のあるひとは参考にしてみてください。


     こちらは、最近自殺のサイト界隈に注目されている、あることが執筆するきっかけになり、ジェットコースターのような勢いで書きました。

     一応、『自殺サイト』や『自殺系サイト』や『自殺のサイト』などと呼ばれるサイトをオーガナイズしている立場でもありますので。

     近年、国家間の主戦場は、現実から境界線が曖昧なサイバー空間や宇宙空間へとシフトしたと言われていますが、テロ組織のリクルートの場もサイバー空間へとシフトしつつあります。


     2017年の春からジャーナリストたちの界隈にある噂が広まったそうです。その噂というのは、テロ組織のメンバーが食い物や自爆テロの実行犯にする為、私産を収奪したり心理操作をしたりし易い自殺願望のあるひとを定期的に物色しているといった内容ですが、情報源はこちらの御仁でしょうか。

     ついでに、その話にカルトやテロ組織などに共通している特徴を中心に補足させていただきますが、自殺願望があることに加え、単身で身寄りが少なく、人生経験の浅い若年層や崩壊家庭出身者や精神疾患者やハンディのあるひとが狙われる可能性が高いのではないでしょうか。

     しかし、善意や世直し活動のつもりであっても、そうした問題や人権侵害が確認されたり高確率で疑われたりした場合は、国際的基準から考えればカルトやテロ組織などに該当していると判断されても仕方ありません。


     もし、カルトやテロ組織などのリクルーターとも考えられるひとがあなたに近付いてきて、そのひとの容姿が整っていたり身なりがきちんとしたりしていても、常に自分たちへの攻撃と被害を主張したり公人でもない個人を執拗に非難したりしていると感じられたら、注意してください。

     深刻な事件を起こすカルトやテロ組織などのメンバーの場合、排他的になって他論に耳を貸さなかったり、事実を強引に捻じ曲げようとするという特徴もあります


     とはいえ、日本のように非キリスト教圏で国民の人権意識が高くない少数派の国では、そうした問題に気付き難いひともいることでしょう。

     しかし、グループでそういう風に変なことをしていると、中長期的には組織全体のステータスを下げることになるでしょう。そもそも自分たちのことを理解されたい場合は、正々堂々とお願いや交渉をしてみるなどフェアな方法にするべきです。

      それから、一般企業の場合もリクルーターの身なりはきちんとしていますけど、特にテロ組織でリクルーターのリクルート時の身なりがきちんとしている場合はヤバいところが多いです。

     どうヤバいのか、ずばり言うとグループの論理に目的の為なら手段を選ばないということが含まれている可能性があるからです。たとえばやテロ組織の場合は、規模の大小にかかわらず、どうしても民族着や動き易いラフな私服になる傾向があると思います。

     にもかかわらず、リクルーターのリクルート時の身なりがきちんとしている場合は、そのグループにはリクルートの能率を高める為に本来の姿を変えるという、目的の為のショートカットが行われている可能性があります。ですからその場合、そのグループでは目的の為なら手段を選ばない可能性がある、ということになります。

     
     もちろん、感情の行き違いによる些細なトラブルなどであれば我慢をすることも大切です。しかし被害が甚大な場合や気になることがある場合、相手側の関係者や監督者に事情を伝えるようにすることも良いかもしれません。

     モラルや危機管理意識のある真っ当なところの場合、主張の正当性が高いことが確認されれば、間にひとを挟んだり間接的な方法になったりするかもしれませんけど、きちんとした誠意と補償があります。

     あるいは、そうしたことを理由に、保険会社や弁護士などを利用するといった方法で合理的に補償や利得を得ていくというのも良いかもしれません。


     付記します。ヤバいという直観がしたときも状況によっては、相手を怒らせないタイプのぶっ飛んだ態度を取って普通の人間ではないと思われたり、外部からの介入を促したりするといった規格外の対応も良作になることがあります!



    管理人のひととなり

     長いこと、こういうサイト(最近はリンク集として機能していますが)を運営していることで『あなたはどういうひとなのですか?』といった質問をされることがありました。

     サイトの性質上、僕の住所や職業といった個人情報まで公表する気はありませんが、以前戸籍や家系図などで自分のルーツを確認したことはあります。

     ちなみに、日本人は典型的な農耕民族とされています。しかし僕の家系には、農業に就いていたひとはほとんどおらず、漁業や商業や画家といったとくに定住の必要のない職業が多かったそうです。ちなみに戸籍や家系図を確認してみると、原本にも特別な表記は見当たりませんでした。


     ですから、僕のルーツは標準的な素性である可能性が高いでしょう。それから祖先の職業への適合性や暮らしてきた土地に関係する気質は、僕の場合は遺伝子や気質に伝達されていると思います。しかし僕は、自分のルーツにさほどこだわりはありません。

     とはいえ、家系に皇族や華族といった麗しい方がおられたり、上級武士や医者や教師といった知識人がおられたりする場合はかっこいいとは思いますけどね。


     いままでに、政治や宗教の話をすることもありましたので、『あなたは、新興宗教の信徒や政党の党員なのですか?』といった質問をいただいたことがあります。ちなみに僕はキリスト教関係者です。しかし新興宗教の信徒や政党の党員になったことはありません。

     とはいえ、新興宗教や政党と無縁だったというわけではありません。以前のことですが、新興宗教や政党が一般向けに開催している行事に、知人や先輩たちに頼まれたり誘われたりしてときどき参加したことはありましたので。

     しかし、新興宗教や政党が行っている活動には、しばらく参加していないというのが実情です。ですから僕のことを新興宗教や政治組織で活動している人間なのではないか、と懸念されている方はご安心ください。


     ちなみに、僕は基本的に平和主義者でリベラル寄りですから、すぐに実現することの難しい理想論を語ったり、時としてアナーキーな発言をしたりすることはあります。とはいえ、僕はキリスト教関係者でリベラル寄りであるからといって、公明党や自民党のこともとくに嫌いなわけではありません。

     僕は、一応宗教ウォッチャーでもありますが、その割りに宗教や政治情勢には疎い場合もあります。実際、自民党の河野太郎さんの御父さんが河野洋平さんだということも最近知ったくらいです。『本当かよ(笑)』と思われる方もおられるかもしれませんが、本当です。

     それから、僕は公明党員や自民党員でもないのですが、自民党から総理大臣を選ぶ場合は、麻生太郎さんや河野太郎さんのような見た目は普通のおじさんかもしれないけど、キリスト教関係者やスーパーエリートにしたほうがいいと思っています。


     ちなみに、新興宗教の信徒や政党の党員にはやや極端なひともいます。しかし関ったことのあるひとの多くは、親切で他のひとの意向や自主性を尊重していましたので本心から尊敬しているひともいます。

     また、いまでもときどき気遣ってくださったり、気に掛けてくださるひとには感謝しています。とはいえこういうことは、現実だと言い難い場合もあります。

     しかし、本当のことを聞かれたり、話したりしたいと思ったときは、正々堂々と事実と本音を伝えるようにしています。



    Content Guide 
     
    Site Guide
     サイトのガイドです。

    夜中の希望教会
     さまざまな問題を抱えているひとの互助交流を目的とした掲示板。

    夜明けの口笛吹き
     静かな夜明けに石畳に座り込み、口笛を吹くようにささやける掲示板。詩やひとりごとが好きなひと歓迎。シド・バレットやピンフロやヴェルベッツが好きなひとも歓迎。

    いのちのチャット
     チャットルームです。互助交流や雑談や独り言を目的としています。1号室はアイコンチャットです。2号室は入室した場合のみログの閲覧ができる仕様になっています。

    いのちの通り道
     自殺に関する情報を含むいのちのリンク集です。

    Contact
     サイトと管理人へのご意見・お問い合わせはこちらからお願いします。

    Blog
     管理人の個人ブログ『精神的遊牧民』。柔軟で型破りな言論が特徴です。イケてる管理人のひととなりに興味のあるひとは参考にしてください。















    Since October 8th, 2003.
    Copyright (C) 2003-2018, 
    www.cotodama.org
    Ghetto By yudetamago All Rights Reserved.
    Never reproduce or replicate without written permission.