一筋の光明

 

 こちらは、メッセージ性の高いテキストコンテンツです。

 自殺系サイトや自殺系サイトの利用歴を中心に語っています。気が向いた人は参考にしてください。




1.Club Sui-Cideとは
2.諸人こぞりて
3.あたかもディストピア
4.喪失と救済
5.ストーリーテラー
6.一筋の光明



Club Sui-Cideとは

 まず、Club Sui-Cideや自殺系サイトの管理人の説明をします。

 Club Sui-Cideとは、チャタートンさんが運営されていた自殺系サイトのリンク集サイトです。ちなみにClub Sui-Cideは、とても使いやすくユーザーも多いところでした。

 ただし、登録されていたサイトはユーザーの多いサイトから放置プレイ状態のところまであって玉石混淆でした。

 僕が、Club Sui-Cideからよくウォッチしていた自殺系サイトは、DeadLineやCurrentや自殺志願者の憩いの場や自殺企図者や自殺志願者交流会館や彷徨や病んだ魂や生死の狭間や若者の自殺掲示板や自殺掲示板(モッツアレラさんのところ)などです。

 そういえば、僕はCurrentや自殺志願者の憩いの場や自殺企図者や病んだ魂のチャットにもよく出没していました。

 その辺りのチャットでは、自殺志願者の憩いの場の管理人の待宵月さんや生死の狭間の管理人のアガガさんもよく見掛けることがありました。

 精神系サイトだと、水鏡の楼や埋葬の音や青息吐息などに出入りすることが多かったです。

 それから、ぴぅあの世界という東北の女の子がやっていた個人色の濃い精神系サイトにもときどき行っていました



諸人こぞりて

 そういえば、Club Sui-Cideに登録されていた一部のサイトは、神懸りで作ったとしか考えられないところもありました

 信じられないほど、プログラムやデザインやテキストの技術が凄まじく、界隈の住民の心に碇を下ろしたところもあったはずです。

 たとえば、前述したDeadLineのトップページや水鏡の楼のポエムページなどがそうではないでしょうかそうしたところになると匠の技術によって作られたといっても過言ではありません

 自殺系サイトの管理人には、僕よりタフな人や賢い人や優秀な人はたくさんいました。

 たとえば、こちらで説明した最高クラスのサイトを運営し、どちらかというと穏健派に属していたこの界隈の巨匠たちのことです。付記すると僕も穏健派に属します。

 こちらのイメージはシルエットですが、好意的に述懐したサイトの管理人さんたちも光の子になります。そういえば精神系色の濃いところを含めると女性もけっこういましたね。


 たとえば、日本で始めて注目された自殺系サイトである安楽死狂会の管理人さんも女性でしたし。とはいえいまは、他の自殺系サイトの管理人さんと定期的に連絡を取っているわけではありません。

 そもそも、自殺系サイトや精神系サイトの場合、小規模のところも含めると3年以内に閉鎖するパターンが主流です。そのためときどき連絡していた管理人さんたちの運営されていたところは、ほとんどが閉鎖しています。

 その一方、このサイトのようにコミュニティタイプの自殺系サイトで16年も続くというのはレアパターンだと思います。ちなみにいまは後述する事情により、自殺系サイトなどのリンク集として機能しているのが実情です。

 なお、正確なことは分りませんが、各サイトに掲載してあるテキストを読んでいると、いまは総じて男性の割合が高いように思います。



あたかもディストピア

 そういえば、自殺系サイト界隈には白○というサイトもあってそこの管理人さんは、ひんぱんにいろいろなサイトにカチ込んではトラブルを起こしていましたね...。

 彼などは、典型的なタカ派に分類されます。端的にいうと彼の場合、直情的で自己評価と基礎学力が高かったはずです。

 サイトに導入されていたプログラムから、理系のセンスもあったように記憶しています。客観的に分析しても、サイト管理人としての技能はハイクラスでした。

 ただし、新しい価値観や技術に不寛容で、ことあるごとに他の人に自分の価値観を押しつけることに収斂していました。具体的には思考のフレームが狭く、他の人の権利に配慮せずにレッテルを貼って無闇矢鱈に各所に弓を引くようなことなどです。

 それから、たしか宗教や政党などの特定の思想団体とは関係ない、といった意味の発言をされていたはずです。けれども穿った見方をすれば、その文章には特定の思想団体でしばらく教育を受けたことがある人に共通する用語が使われているように解釈できるところもありました。

 宗教団体や政党などの場合、一般人や近所の人も参加している講座や学習会はどこでも開催していますよね。ところがそういう行事ではなく、通信制かもしれませんが、思想団体である程度本格的な教育をされた人である印象がしました。

 しかし、先ほども述べたように、その人はそうやって時代の流れに逆行し、普通の人間が見聞きしたら腰を抜かすようなことばかりされていました。そのため個人の権利に無遠慮な、専横なる言動が引き金になって四面楚歌に陥り、立ち行かなくなりました。当然です。

 言うまでもなく、彼の場合正鵠を射てゲームに勝ち続けたり、多くの果実を手にしたりすることはありませんでした。あまつさえこのサイトでも同様に暴走されていましたが、迷惑でした。

 というのも、各所で彼と揉めた人たちがサイトに押し寄せ、コミュニティコンテンツに暴徒のように乱入していたからです。






喪失と救済

 時を同じくして、大量の迷惑な罵詈雑言やスパム投稿などをされて荒らされるようになり、度々過去ログが飛んでしまうこともありました。

 そのため、このサイトのコミュニティコンテンツから、常連さんが離れていくことになったわけです。

 僕も、自殺系サイトを利用していたときに、一時的にキレることはありましたし、ネガティブな感情をひきずったこともありました。といってもショッキングな人ほどしつこくはありません。

 さて、これは私事です。僕は自殺系サイト界隈に参入しはじめてからしばらくの間、まるで高校サッカーの実力でプロのリーグでプレイしているような気分になり、落ち込むこともありました。

 いまや、この界隈の長老の一人になりましたが、駆け出しの頃は黎明期から発展期に移りはじめたような時代で、まだ時間的連続性を経ていませんでした。

 ところで、僕の場合、先人たちのやっていることを見様見真似でアレンジしながら脱構築し、自分の型を作っていきました。

 そういえば、ときどき暗闇に覆われた果てしないトンネルや洞窟のなかを、光を求めながら手探りで歩いているような、不思議な気分になることもありました。

 その間も、さまざまないのちが喪失したり、救済されたりしていくのを眺めているうちに、諸行無常を意識することがありました。






ストーリーテラー

 なぜ、凡庸な技能と才能の持ち主に過ぎなかった自分が最後まで生き残ったのかというと、環境の変化にやや敏感だったことや運の要素が関係しているのでしょう。

 他にも、理由はいくつかあります。我田引水になりますが、グリットは高いほうだと思います。

 僕は、関心のある分野はかぎられていますが、没頭するタイプです。そうしたことへのトライアンドエラーは、気が遠くなるほど繰り返してもあまり苦にはなりません。

 そのため、サイトの更新も納得がいくまでトコトン繰り返しました。グリットについては、こちらを参考にしてください。


“こちらで説明している遅い知性とは、標準的な人や速い知性のみ極端に発達している人が長い時間を掛けて出せる答えを、ずっと短い時間で引き寄せることのできる能力でもあります。

(『さまざまな知性 精神的遊牧民』)”


 このように、時が流れてから過去を追憶し、読み手に物語を追体験させるストーリーテラーの能力は当初からありました。ちなみに物語を後世に伝えていくことは生き残った者の定めではないでしょうか。

 けれども、僕の場合は現実社会の成功者というわけではないのですけどね。



一筋の光明

 さて、話がすこし飛びましたので時計の針を巻き戻し、前述したClub Sui-Cideの話をします。

 僕が、長年利用していたClub Sui-Cideはかなり前に閉鎖しましたが、2008年からネットの世界からすこし距離をおくようになり、確認が遅れました。

 閉鎖した事情は、管理人のチャタートンさんの旧ブログにアップされています。そちらには自殺系サイトの歴史に関する秀逸な記事もアップされています。


参考記事
硫化水素自殺は誰が発案したのか
自殺サイトの超簡単な歴史


 ちなみに、いまは新たなブログに移動されました。この機会にそちらもリンクさせていたします。

参考ブログ
web-g.org


 Club Sui-Cideのユーザーは、このサイトとも重なっている可能性があります。

 したがって、Club Sui-Cideの管理人のチャタートンさんの新ブログと旧ブログをこちらにリンクした次第です。ちょっとというか、かなり時間が掛かりましたが...。

 Club Sui-Cideは、自殺系サイトという薄暗いフィールドにありましたが、ときどき光明が射し込むような穏やかなところで、多くのユーザーの灌漑になりました。

 僕のネット上の青春時代を語る上でも欠かせないところです。






 





Since October 8th, 2003.
Copyright (C) 2003-2019,
 
http://cotodama.org
Ghetto By yudetamago All Rights Reserved.
Never reproduce or replicate without written permission.